ウェディングドレスとは

結婚式と聞くとイメージするものの一つにウェディングドレスがあります。
一生に一度着る書きないかと言った特別な衣装です。
結婚式で花嫁が着用する衣装の事を指します。
ウェディングドレスと言えば白を基調とし、形や付属品などで大きく印象が変わります。
ウェディングドレスは全て色が白だからどれでも同じと思いがちですが、使用する生地やデザイン、ベールやグローブなどの小物を変えることで全く違うドレスの印象になります。

日本では昔から白無垢が花嫁の正式衣装として扱われていました。
初めてウェディングドレスが着られたのは1873年に中国人の男性と結婚した女性が海外から取り寄せたウェディングドレスを着用した事がわかっています。
その後海外から取り寄せてウェディングドレスを着る人はごくまれで、普及するとまではいきませんでした。
戦後1960年代においてもウェディングドレスは全体の3パーセントしか着られていない衣装でした。
その後、婦人雑誌でウェディングドレスが掲載されたことや日本の有名ウェディングデザイナーが誕生した事をきっかけに1960年代後半から1980年までにかけで一気に需要が上昇しました。

今ではウェディングドレスの幅も広がり、Aライン、マーメイド、プリンセスライン、ミニなど様々なデザインがあります。
選び際にもレンタルが主流ですが、中にはオリジナルウェディングドレスを作成することもできます。
また格安で購入して自分でアレンジをする人もいます。



Copyright © 2014 オリジナルウェディングドレスの作り方 All Rights Reserved.